慢性閉塞性肺疾患がある、どうすればいい?

慢性閉塞性肺疾患の特徴は周期的で再発して悪化し、波の型を呈して経ることである。 病理変化の時期、年齢と個体の違いによって、症状は多様である。 肺炎は3カ月を超えて慢性肺炎と呼ばされる。一般的には、高齢者が比較的に多い。臨床症状は咳、咳の痰、発熱などの肺炎期間不快感症状が切れ目に重くなりまた緩和してになり情況がある。この慢性閉塞性肺疾患にとって長期的で総合的に治療しなければいけない。 要点の次の通りを治療することがある:

(1) 栄養が強化する:積極的に 栄養とビタミンの飲食を供給し。、すぐに栄養不良とくる病を治療すべきである。

(2) 体格を鍛錬する: よくアウトドアスポーツを作ってあるいは戸外で積極的に運動する。 体操をして、冷水で入浴を代えてあるいは濡れタオルで全身を拭く。機体の耐寒性を増強する。 室内はよく換気することに適当で、空気の新鮮を維持する。 積極的に呼吸器感染症を予防すべきである。

(3)漢方医学療法: 主に全身的に肺機能を回復することである。

(4) 病を徹底的に取り除く: 副鼻腔炎と気管支拡張などが併存する時は、適当な治療あるいは外科手術を採用して治療するべきである。

(5) 他の療法: 微粒化に適当な抗生物質を吸入して、繰り返し感染する時は抗生物質を応用して感染することを制御する。

ダイエットケア!