慢性閉塞性肺疾患を引き起こす原因

肺炎は、肺部を肺胞に現れた炎症を起こした症状である。一般には、病気は3カ月を超えて慢性閉塞性肺疾患とする。

1、 栄養不良、くる病、先天的な心臓病あるいは肺結核患者は肺炎が発生する時は、慢性閉塞性肺疾患を引き起こしやすい。

2、ウイルス感染は間質肺炎を引き起こして、慢性閉塞性肺疾患に変わりやすい。

3、繰り返し上気道感染あるいは気管支炎および慢性副鼻腔炎は全部な慢性閉塞性肺疾患の誘因である。

4、気管支に入る異物は、特に刺激性を欠乏してそれで初期的な急性の発熱した異物(ナツメの種などのように)を生じなくて、軽視される。それで、長期的に肺部に残しておいて、慢性閉塞性肺疾患を形成できる。

5、免疫欠乏児童は、体液と細胞免疫欠乏を含めて、補体は欠乏していて白血球の機能が欠陥で肺炎を繰り返し発作するから、最後は慢性閉塞性肺疾患になる。

6、原発性の呼吸道繊毛形態と機能が異常することが、慢性閉塞性肺疾患を引き起こしやすい。

慢性肺炎は伝染することができない。普段、淡泊に飲食することに注意して、大いに油性であり、激辛料理を避けるべきである。激辛料理のため炎症を重くならせることができる。