慢性閉塞性肺疾患症状について

慢性閉塞性肺疾患(以下、COPDと略)は、たばこ煙を主とする有毒物質を長期間吸入することによって生じる肺の炎症による病気です。主に肺胞系の破壊が進行して 気腫きしゅ型( 肺気腫はいきしゅ病変優位型)になるものと、主に気道病変が進行して非気腫型(気道病変優位型)になるものがあります(図28)。

COPDは、 肺胞はいほう‐末梢気道‐中枢気道に及ぶすべての病変を包括するものですが、以前は、肺気腫と慢性気管支炎に分けて呼ばれていました。

COPDの患者数は全世界的に増加しており、2020年までに全世界の死亡原因の第3位になると推測されています。

日本で2000~2001年に行われた疫学調査により、40歳以上の成人の8.5%、530万人がCOPDに 罹患りかんしていることが明らかになりました。一方、調査でCOPDと診断された人の90%が、それまでにCOPDと診断されていませんでした。

COPDの原因の約90%は喫煙です。主な症状は慢性の 咳せき、痰と 労作性ろうさせいの息切れ(体を動かした時に出現する息切れ)ですが、ゆっくりと進行し、典型的な身体所見も重症になって初めて現れることが多いため、早期に気づきにくいことが特徴です。

重症になると呼吸不全に至り、息苦しさのために日常生活ができなくなったり、かぜなどをきっかけに急に症状が悪化すること( 増悪ぞうあくまたは急性増悪)を繰り返すことになります。

早期の診断には肺機能検査が不可欠です。禁煙によるリスクの回避と適切な病気の管理により、有効な予防と治療が可能な病気です。

COPDの危険因子は、外因性危険因子と患者さん側の内因性危険因子に分けられます。外因性危険因子には、喫煙、大気汚染、職業上で吸入する粉塵(ふんじん)、化学物質(蒸気、刺激性物質、煙)、受動喫煙などがあります。

喫煙はCOPDの最大の外因性危険因子であり、COPDの発症に関与することが立証されています。

日本では1960年以降の経済成長に伴い、たばこ販売量や消費量が増加し、これに20年遅れてCOPD(慢性気管支炎および肺気腫)が増加しています(図29)。1985年以降は、とくに男性において顕著です。

一方、喫煙者すべてがCOPDを発症するわけではなく、一般的に喫煙者の20〜30%に発症します。患者さん側の内因性危険因子として、COPD発症に関係するさまざまな候補遺伝子が報告されつつありますが、α1‐アンチトリプシンの欠損を除いては、COPDの発症にどの程度関係しているのかは明らかになっていません。