慢性閉塞性肺疾患者は自分の具合を調整すべきです。

慢性閉塞性肺疾患者に対して日常治療薬の他、飲食を通じて自分の具合を調整することが必要である。
第一、タンパク質に富んだ食物を多く食べたほうが良いである。
タンパク質は人間の免疫力を決められる物質基礎であり、もし体内に蛋白質が不足で、体力の低下、頭脳のだるさ、早めに老衰、病気になりやすさ、皮膚の弾力性と光沢も失いやすさなどのことが現れる。靑少年に対して、タンパク質が不足になり、成長に影響を与え、同年代の子供より発達が遅れになり、知能低下、病気への抵抗力が低いなどのことも現れる。従って、慢性閉塞性肺疾患を予防するため、日常飲食の中で、良質なタンパク質を多く食べた方はいい。例えば赤身、カニ、魚、乳製品、大豆製品、卵などを食べることで、免疫力を高め、外来病原性の襲来を防ぐこともできる。
第二、ビタミンに富んだ食物を多く食べたほうがいい。
研究結果によると、ビタミンAは慢性閉塞性肺疾患者にたいして、微生物の侵入に有効な防御がある。そのため、慢性閉塞性肺疾患者は食事の時、適当な動物の肝臓、卵黄、肝油、クリームなどのビタミンAが高い食品を食べることが必要である。そのほか、ビタミンCは人体免疫力の高め、ウイルス合成などにも重要な役割を果たす。従って、慢性閉塞性肺疾患者はトマト、カリフラワー、キウイ、リンゴなどのようなビタミンCに富んだ新鮮な果物、野菜などを食べたほうがいい。
第三、微量元素に富んだ食物を多く食べたほうがいい。
私たちの体の中に、もし微量元素が欠け、人抵抗力を大幅に低下になり、体の状況も悪くなる。微量要素セレンは抗酸化剤の一種であり、人体内に深刻な不足であれば、免疫力の低下を招く可能性がある。そのため、体内にセレン不足の患者は日常食事の中で、セレニウムのある食品を多く食べたほうがいい。例えば、オオムギ、魚介類、動物腎臓、海藻、玄米などのようなことである。そのほか、微量元素亜鉛、微量元素鉄は人体正常な免疫システムの機能を維持することもでき、重要な役割を発揮している。普通には海産物、動物の内臓や赤身、大豆製品の中で、亜鉛の含有量が高い。それに、動物の肝臓、腎臓や牛乳、赤身の中で鉄の含有量が高い。日常の飲食の中に、体内の微量元素の充足を維持するために、日常飲食に食べたほうがいい。