慢性閉塞性肺疾患薬物療法

慢性閉塞性肺疾患治療方法はいくつかありますが、慢性閉塞性肺疾患薬物療法は基本的です。

その後は、家庭の率情でスウH—デンに引越しをして3年間住んでいました。

私はスウH—デンで問業をして自分のサロンを持つていたので帰国時には必ず离野先 生の手技を字んでは、スウH—デンに帰リそれをお客様に使つていました。今年の2月後半まで約3年間自分の他で習つた基礎べ—スを元に高野先生の手技を取リ入れて 行つていました日本に帰国が決まり、本格的に整体術を基礎からもつと徹底的に学び たいと思い3月から、先生に基本手技法を教えていただきました。

私の中で基本手技法を教えていただいてから、内面も含めて大きく変わつて行きました。

教えていただいた40時間の最中、押し、押しを集中して行い’技術が身について 行けば行くほど、自分の中の弱い部分が表面化していきました。途中自分の弱い部分 と向き合えたときに、手技がかわリ自分のものになリ、また|押しが変わってのも 感じました。今までも学んできたつもりではいましたが、自分自身の内面の成長にも 伴ってもあったのでしようか、その時に初めて本当にインナーマツスル整体術とは…と いうものを掴めたように思えました。(きっと自分自身様々な経驗を得て’ 再度螯体術 を基礎から徹底的に字んだことによリ’もっと整体術というのを本当の意味で理解で きたように感じました。整体術で大切なことは人が生きる上で大切なことや人間性 とリンクしていくような碑術に思えて仕方あリません)