慢性閉塞性肺疾患酸素療法

慢性閉塞性肺疾患が発症するとき、持続的に酸素を吸入する在宅酸素療法を行うことで、患者さんのQOLが向上し、生存率が高まります。これは慢性閉塞性肺疾患酸素療法です。

インナーマツスル整体術とは奥深い筋肉をほぐしていきますので、ゆっくりとふわっ と侵入をしていかないと筋肉の反発が出てしまい痛みのみがお客様に伝わってしま う可能性か出てきます。そして、古武道や古武術からきているのもあり、施術者側の姿 勢’ 型、指の形’ 圧の角度などのポジション等が非常に大事になっていきます。でも、そ れが出来るようになっていくと、深い圧にも閲わらず、受け手の方がすんなリと受け 入れてくれるのです。そして、この蝥体術は、筋5凝り固まって硬結している個所に こそ’しっかりと圧を入れてほぐしていきます。里力がかかるところは大体筋肉が硬 くなってしまっていることが多いのです。(硬結してしまっている個所は’ 痛みがでや すいことが多いのと’施術するうえで難しいことが多いので、なかなかしっかリとほ ぐしてくれるところがないのが実情です。しっかリと技術を教えられる先生も減って きているのだと思います)内面はかりではなく、自分の身体への変化もありました。以 前は拇指の関節が動いてはずれて、かなりそっていた拇指が拇指球に筋肉かつき指が 曲がらなくな0ていたのです。(なんと筋肉も強化され関節も外れなくなつていまし た)以前は本当に周りが驚くくらいに反っていた拇指ですが、もう以前みたいに反る こともなく、頁っaぐになっていました。驚いて何度も何度も確認をしてしまいまし た。必要な筋肉はきちんした聖で行っていくと強化され、骨や指を守ってくれるのだ なと実感させられました。