慢性閉塞性肺疾患(COPD)の介護

他の慢性疾患と同様、医療機関との連絡や相談をしながら介護することが大切です。
禁煙と軽い運動
COPDの進行をできるだけ防ぐために禁煙は不可欠です。また受動喫煙を防ぐために、喫煙している人と同じ場所は避けましょう。
呼吸が苦しいことから、ほとんど身体を動かさないでいると、廃用症候群によって筋力低下を招いてしまうため、医師と相談して、歩行やリハビリ、ストレッチ体操等をおこなうことも検討しましょう。
薬や吸入薬を指示通り使う
進行を防ぎ、症状を抑えるために、処方された薬や吸入薬を正しく使っていることを確認しましょう。
高カロリー食を摂る
普通の人より呼吸に多くのエネルギーを使うため、高カロリーの食事を摂ることが普通です。どの程度のカロリーを摂るかは、医師や管理栄養士の指示に従ってください。
感染症を予防する
風邪やインフルエンザ等の感染症にかかると、重症化しやすいため、感染症の予防を心がけましょう。部屋が乾燥しないよう湿度に注意し、うがいと手洗いを習慣化し、できるだけ予防接種を受けましょう。
在宅酸素療法の場合
医師から指示された酸素の流入量や使用時間を守りましょう。酸素を過剰に投与すると高炭酸ガス血症を助長し、Col2ナルコーシスという呼吸抑制が起こる危険があります。また、在宅酸素療法は息苦しさを緩和するためだけにおこなわれるものではないので、息苦しくないからと自己判断で止めるのは危険です。
また、酸素は燃えているものの勢いを増す性質があるので、火気の取り扱いには充分に注意する必要があります。